靴を下取りに出してみる?

最近、靴の下取りが大人気であることをご存知ですか。
何足も靴箱に保管されたまま、結局履かずじまいになっている靴が、意外と多いのではないでしょうか。
そういった、古くなったり、趣味が合わなくなって履かなくなってしまった靴の下取りをして、新しい製品を買ってもらう事を目的としたセールが、全国各地の靴専門店を始め、百貨店やショッピングセンターなどで行われているようです。
靴の下取りセールのメリットは、たくさんありますよね。
古いものでも商品券または現金に替えてもらえるという点、そしてそれを新しい靴の購入に役立てることができるという点、もう履かないと思うけど捨てるには…と迷いがちな靴を引き取ってもらえる点、などがあげられ、結果的に、使わなくなったものが整理できるので、収納もすっきりします。
お店側も、古い商品を下取りすることで、自社の新しい商品を買ってもらうことができますし、その以外にも、別の商品も見に来ていただけるという、集客の面でのメリットもあります。
それでは、各店ではどのようなセールを行っているのか、ご紹介しましょう。
全国に店舗がある靴の専門店、シュープラザでは、一足の下取りにつき300円の割引券がもらえ、お買物2000円毎に1枚使う事ができます。
また、10000円以上のお買い物になると、1500円の割引を受けられます。
1人10足までの下取りが上限で、最大3000円の割引券を受け取る事ができる、ということになりますね。
また、靴の専門店以外の下取りセールとして、小田急百貨店では、スニーカーやサンダルなど、状態やブランド関係なく、靴一足につき1050円の「シューズクーポン券」と引き換えてもらえ、これは一部商品を除く、5250円以上の靴を購入する際に利用できます。
同じく、百貨店のそごうで行われていた「靴バッグ、初夏の下取りキャンペーン」では、靴や鞄がそれぞれ3足までの限定で、1足につき1050円のクーポン券がもらえ、それは5250円以上のお買い物の際に使用できました。
こちらは、6月にもキャンペーンが予定されています。
さらに大丸でも、状態に関わらず1足1000円の値引き券が進呈され、こちらも5250円以上の買い物で使用できることから、顧客から好評を博し、キャンペーンが継続中です。
このように、どこの下取りキャンペーンも、大人気のようですね。
下取りされたその後は、発展途上国に送られたり、リサイクルされたりと、再利用を目的とした活用法を模索しており、そごうで行われたキャンペーンでは、アフリカのザンビア地方に、グループ会社で回収された1万8000点が送られました。

そして、残念ながら焼却処分となった場合でも、二酸化炭素削減に取り組んでいる団体に寄付している百貨店もありまる。
このように、環境にも経済的にもメリットが非常に多い、靴の下取りを利用しみませんか。