デジカメを下取りに出してみる?

デジカメを下取りに出したいとお考えの方に、お勧めの情報や色々とためになる情報をご紹介したいと思います。
最近は家電製品も技術の進歩が早く、買い換えても買い換えても次々に新しい製品が出てきますよね。
デジカメにしてみても、季節ごとに機能が新しく追加されたラインナップが登場してきます。
そこで、今使っているものより新しいデジカメが欲しくなるのも当然ですし、そうとなれば今持っているデジカメを下取りに出すことを検討されると思います。
その際に、誰だって少しでも高い値段で下取りして欲しいのは言うまでもないですが、実はデジカメの査定額は思った以上に安いというのが現実のようです。
前置きとしてそう言ってしまうと希望がないようにも思えますが、少しでも高額査定をしてもらう努力が出来ないというわけではありません。
デジカメを出来るだけ高額査定して欲しい場合は、それをどこのサービス(下取りを実施しているお店等)に出すかがポイントになります。
デジタルカメラの下取りサービスを行っている所は、大手ではヨドバシカメラ、ビックカメラ(ソフマップ)、ジョーシン等の大型家電量販店や、カメラを専門に扱っているカメラのキタムラ、あとあまり知られていない名前かも知れませんがマップカメラというお店などがあります。
大型家電量販店では、下取りに関して独自のポイントを付与するサービスが行われているようですが、実際の査定額はほとんど明示されておらず、実際に買取をお願いした方の声を聞いても、「思ったほどの金額にならなかった」「ほぼないよりはましくらいの金額だった」等、査定額には少々不満が残ってしまう傾向があるようです。
餅は餅屋ではないですが、せっかくデジカメを下取りに持っていくなら、カメラを専門に扱うお店に持っていった方が良いです。
実際に良い情報として、先述のマップカメラは、比較的高額で下取りを行ってくれるという声を聞いたことがあります。
実際にその方の話では、あるカメラを大型店に持っていったところ1万5千円程度と言われてしまい、悔しい思いで探し当てたマップカメラに持っていったところ、約3倍の額で下取りしてもらえたとの事です。
これは極端な例かもしれませんが、持っていく所によって、これほどに額の差が生じるところがデジカメ下取りの特徴ではないでしょうか。
またカメラのキタムラでは、たとえ壊れたカメラであっても何でも買い取るといったサービスもあり、やはりカメラ専門店のほうが、手厚いサービスを行っているという感じがします。
とはいえ、カメラの良い状態なくして高額査定は無いと思いますので、使っているカメラはなるべく傷をつけないように大切に扱っていただき、また付属品等の欠品がないようにしてくださいね。